2010-05-20(Thu)

「とことんジャズチャンツセミナー」アンケート結果

大阪では、5月というのに、涼しいというよりも寒いと感じられる日が続いていました。

2~3日前からようやく暖かくなり、日中は汗ばむ陽気となりました。

皆さま、お変わりなくお過ごしでしょうか。



さて、今日は4月25日に開催しました「とことんジャズチャンツセミナー」にて、参加者の皆さまにお答えいただいたアンケートの内容を紹介させていただきます。







【ジャズチャンツ教授法の利点とは?】



単調になりがちな日本人の英語のリズムを、自然なアメリカ英語のリズムに変えることができる最良の方法。



日本人が英語をリズムで学ぶということは理にかなっていると思う。



他の活動と組み合わせることのできる柔軟性のある教授法である。



アメリカ英語の発音が習得ができる。



自然に英文法が学べる。



リズムに乗って歌うことの楽しさで英語が好きになれる。





【ジャズチャンツで教えることの難しさとは?】



正しいリズムをキープすることが難しい。



オリジナルの作品が作れない。



教える人は、何度もCDを聞いて作品をマスターすることが必要。







いただいたご意見は、私にとっても「同感」と思えることばかりでした。

ブログを見て頂いている方にも、ジャズチャンツ教授法に興味を持っていただけたのではないでしょうか。



J.C.U.では年3回「とことんジャズチャンツセミナー」を開催しています。

ジャズチャンツを身近な教材として活用していただける体験型のセミナーです。

初めての方も、少し遠ざかっておられる方も、きっとレッスンのヒントが見つかるはずです。

どうぞお気軽にご参加、お問い合わせください。



次回の「とことんジャズチャンツセミナー」は、9月5日(日)に開催いたします。



J.C.U. Staff 中野佐和子

☆.:*・’・*:.。☆。.:*・’・*:.。☆。.:*・’・*:.。☆。.:*・’・*☆.:*・’・*:.。☆

★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ジャズチャンツ・ユニオン(J.C.U.)

Carolyn Graham 認定・英語講師のためのトレーニング

ジャズチャンツを「知っている人」から「できる人」になるために!



●JCUブログ http://blog.alc.co.jp/blog/tokoton.jcu.uptodate

●JCUホームページ http://infojcu.web.fc2.com/



==ジャズチャンツ・ユニオン ( J.C.U. ) 今後の予定==



会場 大阪国際交流センター



<Cコース受講生必須トレーニング>

*2010年7月4日(日)

Cコースご案内・受付係 井上(jazzchantsunion.c@gmail.com)



<とことんジャズチャンツセミナー>

*2010年9月5日(日)

セミナーご案内・受付係 石丸(jazzchantsunion@gmail.com)



<Carolyn Graham’s Special Workshop /Jazz Chants Miracle 2010>

*2010年11月7日(日)

ミラクルご案内・受付係 石丸(info.jazzchants.miracle@gmail.com)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★



.:*・’・*:.。☆。.:*・’・*:.。☆。.:*・’・*:.。☆。.:*・’・*☆.:*・’・*:.。☆








関連記事
スポンサーサイト
2010-05-06(Thu)

「とことんジャズチャンツセミナー」ご報告





お天気に恵まれたゴールデンウィークでしたが、皆さまいかが過ごされましたか。

雨の日が多かった4月でしたが、5月は一気に暖かくなりました。

明るい陽光の下にいると、”The sun is shining. I love the sun.””Me, too.”という歌詞が自然に出てきます。

テキスト「Children’s Jazz Chants Old & New」の中の”The Sun Is Shining”という歌の最初のフレーズです。

雨の日や雪の日のことも歌っていて、どんなお天気の日でも幸せな気分になれる歌です。



さて、J.C.U.では、4月25日(日)に「とことんジャズチャンツセミナー」を開催しました。

今年のとことんセミナーのテーマは「ジャズ・チャンツ指導における苦手要素’を取り除く!!」です。

今回はその第一弾として、「ここが難しい」と言われる点を解消するために必要な知識とトレーニングの方法に焦点を当てました。



まず、講師・石丸によるウォームアップで、参加者全員が声を出して体を動かすうちに、打ち解けた雰囲気になりました。

続いてチェアー・生駒が「英語らしい表現、言いにくいフレーズに挑戦」をテーマに、講師自身のためのトレーニングを行いました。

3つのジャズチャンツ作品を「なぜこの言葉が出てくるのか」「どんな状況なのか」「どんな気持ちで言っているのか」を考えながらチャンティングしました。

私はこのトレーニングを続けることで、テキストの歌詞を見なくても本のページをめくるように次の言葉が出くるようになりました。

次に講師研修生・中野が「ジャズチャンツで言ってみよう、数えてみよう!」をテーマに、小学生のレッスンでのジャズチャンツの活動例を紹介しました。



そしてゲスト講師のミュージシャン・竹田紀行氏と、チーフ・大江による「Jazz Chants のためのリズムトレーニング」では、「音の長さ~ジャズ特有のリズム」を、竹田氏のオリジナルの教材を使って体験しました。

その後、テキストの中から3作品を取り上げ、ジャズのリズムでチャンティングすることで、発音もイントネーションも自然な英語になることを分かりやすく説明していただきました。

自分が実際に音符を見ながらチャンティングすることで、なぜジャズチャンツが日本人の英語学習に適しているのかがよく分かりました。

この日に学んだことは、参加者の方がこれから指導される上で、またご自身のトレーニングで活かせていただけることと確信しています。



最後に、Jazz Chants Certificateコース(通称Cコース)受講生1名によるプレゼンが行われました。

このプレゼンは、Cコース修了のための単位にカウントされます。





J.C.U.では年3回「とことんジャズチャンツセミナー」を開催しています。

ジャズチャンツを身近な教材として活用していただける体験型のセミナーです。

初めての方も、少し遠ざかっておられる方も、きっとレッスンのヒントが見つかるはずです。

どうぞお気軽にご参加ください。

次回の「とことんジャズチャンツセミナー」は、9月5日(日)に開催いたします。



J.C.U. Staff 中野佐和子



☆.:*・’・*:.。☆。.:*・’・*:.。☆。.:*・’・*:.。☆。.:*・’・*☆.:*・’・*:.。☆

★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ジャズチャンツ・ユニオン(J.C.U.)

Carolyn Graham 認定・英語講師のためのトレーニング

ジャズチャンツを「知っている人」から「できる人」になるために!



●JCUブログ http://blog.alc.co.jp/blog/tokoton.jcu.uptodate

●JCUホームページ http://infojcu.web.fc2.com/



==ジャズチャンツ・ユニオン ( J.C.U. ) 今後の予定==



会場 大阪国際交流センター



<Cコース受講生必須トレーニング>

*2010年7月4日(日)

Cコースご案内・受付係 井上(jazzchantsunion.c@gmail.com)



<とことんジャズチャンツセミナー>

*2010年9月5日(日)

セミナーご案内・受付係 石丸(jazzchantsunion@gmail.com)



<Carolyn Graham’s Special Workshop /Jazz Chants Miracle 2010>

*2010年11月7日(日)

ミラクルご案内・受付係 石丸(info.jazzchants.miracle@gmail.com)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★



.:*・’・*:.。☆。.:*・’・*:.。☆。.:*・’・*:.。☆。.:*・’・*☆.:*・’・*:.。☆








関連記事
ブログ管理者プロフィール

Jazz Chants Union/ジャズチャンツ・ユニオン


英語教師のためにジャズチャンツ(教授法)を 継承するJazz Chants Unionです。
ジャズチャンツを正しく伝授・継承することを目的に生駒香寿子・大江美和子が発足致しました

Jazz Chants Certificate
コースあり。修了者は、Carolyn Graham認証
サイン入りJazz Chants指導者の認定証を取得できます。

※このブログでは、J.C.U最新ニュースをお届けします。

公式サイトhttp://infojcu.web.fc2.com

リンク
記事のテーマ
最新記事