2014-04-26(Sat)

ビギナーズ・ジャズチャンツセミナーご報告

ビギナーズ9


暖かくなったと思っていたら、いつの間にかゴールデンウィークを迎えました。
うかうかしているとお休みもあっという間に終わってしまいそうです。
少し気持ちを引き締めて…、とは毎年思うのですが、どうなることでしょう。
皆さまは何か計画を立てておられますか。

さて、ジャズチャンツユニオンでは4月20日(日)に大阪国際交流センターにて二つのセミナーを開催いたしました。
今日は午前に行った「ビギナーズ・ジャズチャンツセミナー」の報告をさせていただきます。

ビギナーズセミナーはジャズチャンツ英語教授法について、起源から作品の紹介、レッスンへの導入法までを知っていただくために年に2回開催しています。
今回は学校や個人教室の教師、または研修中、そして学生の方と幅広い層よりご参加いただきました。
講師・中野がこども向けの作品を取り上げ、自身の練習法、レッスンでの活動、こどもたちへの効果などをお話させていただきました。
参加者の皆さまには積極的にチャンティング練習に取り組んでいただき、講師にとって大変参考になるご質問もいただきました。

「ジャズチャンツ教授法についてもっと知りたい」
「またセミナーに参加したい」
とのご感想をいただきました。

皆さまに興味を深めていただくことが出来て、私も大変嬉しく思っています。
今後も共に学んで行けることを願っています。

次回のビギナーズジャズチャンツセミナーは9月7日(日)大阪国際交流センターにて行います
皆さまからのお問い合わせ、お申込みをお待ちしています。

お問い合わせ・お申し込み方法:
とことんオンライン申込書 クリック!→をご利用ください。


 ★お問合せ先 

石丸詩乃 
e-mail: jazzchantsunion@gmail.com
 


ジャズチャンツユニオンではゴールデンウィーク期間中4月27日より5月6日までお休みをいただいております。
お問い合わせは随時受け付けておりますが、返答は5月7日以降になることをご了承下さい。


J.C.U. Staff 中野佐和子


Carolyn Graham認定ジャズチャンツ・ユニオン(J.C.U.)

●JCUホームページ http://infojcu.web.fc2.com




関連記事
スポンサーサイト
2014-04-11(Fri)

ジャズチャンツに魅せられて35年

4月に入り、大阪では暖かい日が続いています。
桜の花びらの舞う中を元気に登校する新入生の姿を見ると自分まで新鮮な気持ちになります。

さて、今日はジャズチャンツユニオン・チェアーの生駒香寿子がジャズチャンツの魅力についてお話します。

読んでいただいて、ジャズチャンツ英語教授法についてもっと知りたくなった方はぜひ
4月20日(日)の「ビギナーズ&とことんジャズチャンツセミナー(@大阪国際交流センター)へお越しください!

セミナーについてはこちら→をご覧ください。


お問い合わせ・お申し込み方法:
とことんオンライン申込書 クリック!→をご利用ください。




ジャズチャンツに魅せられて35年 
― I’ll be with the Jazz Chants, whatever happens.

何だか少し恥ずかしいようなタイトルですが、私が、35年も追い続けてきたこの教授法、その理由を改めて思い返してみたくなりました。つまり何故‘はまった’かという点です。
勿論創始者のキャロリン.グレアム先生のアイディア、そのねらいは:英語の持つリズム、ストレス、イントネーションを身に付けさせ、話なすこと(spoken American English)ができる生徒を育てることです。これが出来れば、聞く⇔話すという事の基礎になるのは周知の事実ですね。
最初にお断りしておきますが、ジャズチャンツでなければそれが出来ないということもないのですが、日本人にとっては最も効果的な方法だと確信していますし、断言できます。
英語学習者にとって、いわゆる4領域をある程度クリア-しなければ、英語を使うことはできません。執拗ですが言葉は話し言葉から始まっているものですので、聞きとれなくても話せるという事は絶対に起こらないし、加えささせてもらうなら、読む⇔書くというカテゴリーでも、大きな良い影響、役割を与えてくれます。
そうそう、私がはまった理由でしたね。
はい、ずばりこの教授法の扱っているチャンツ(対話型、モノローグ、歌、詩など)が生きているからです、自然だからです。何回も口から自分の声を使って体に入れるので、覚えられるし、忘れない。ジャズという言葉は、ラグタイムの4ビートに載せた英語のリズムの会得が第一ですが、ジャズの持つ人間の―伝えたいメッツセージ、感情の吐露、心の叫びが関わってくるからです。中でも対話型や一部のモノローグにそれが顕著に出ているようにと思います。これが私は好きなのです!
押しなべて、今教育の現場では、negativeな感情を持つ人の会話や例文はまれで、少ないです。みんな善人のみの登場のきらいがあります。おもしろくないですねえ!
誰もが思っていても口に出さないもの、日常の中にあるもの、それが好きなのです。
もちろん日本人がとても優しい民族であることは私の誇りでもあるのですが。。。
もう一度言いますが、誰もが経験していても表立って言わないこと―人間は生きている限り腹も立つ、悪口も言う、そういう人の普通のちょっとした心の動きだからです。登場している人物たちは、悪口は言うけれど悪い人ではなく、同じ人間が優しく、また誰とも仲良くしたいと努力をする人々でもあるのです。
言葉は、話し手の意思と感情からなっている、という事を、理解し、体現してほしいのです。
2,3例を挙げておきますので、一度手に取って読んでみてください。

Selfish (Jazz Chants Old and New P.18)  
You're Just Like Your Mother (Jazz Chants Old and New P.21)
I Don't Like her. I Can't Help It. (Jazz Chants Old and New P.45 )

私は、ただ飽きないのです。知らぬ間に過ぎたった35年、何なのでしょうね。
架空の世界で自分の感情を吐き出す、やめられません。
もしかして私だけか?という不安もあるのですが。
次回は他の方向からジャズチャンツについて書きたいと思っています。
 生駒香寿子(J.C.U. チエアー)

関連記事
ブログ管理者プロフィール

Jazz Chants Union/ジャズチャンツ・ユニオン


英語教師のためにジャズチャンツ(教授法)を 継承するJazz Chants Unionです。
ジャズチャンツを正しく伝授・継承することを目的に生駒香寿子・大江美和子が発足致しました

Jazz Chants Certificate
コースあり。修了者は、Carolyn Graham認証
サイン入りJazz Chants指導者の認定証を取得できます。

※このブログでは、J.C.U最新ニュースをお届けします。

公式サイトhttp://infojcu.web.fc2.com

リンク
記事のテーマ
最新記事