2014-11-24(Mon)

「Jazz Chants Miracle 2014」ご報告5

mis ohe


11月2日(日)大阪国際交流センターにて開催の「Jazz Chants Miracle 2014」より
今日は午後の部とことんジャズチャンツセミナー」よりレクチャーとフィナーレの様子を報告させていただきます。

J.C.U.チーフ大江によるレクチャー「How to take advantage of Jazz Chants in your classroom」では
●ジャズチャンツの利点
●理想(セミナーでの感動)と現実(教室での実践)のギャップを埋めるための取り組み
について、質疑応答も交えながらお話しました。
教室ですぐに使えるオリジナルのアクティビティについても紹介し、ジャズチャンツの特徴や効果的な活用法を理解していただきました。

そしてフィナーレ「Jazz Chants Fairy Tales」では、講師・中野のリードで参加者全員が「Little Red Hen ~小さな赤いめんどり~」を演じました。
配役、コーラス、ナレーターをその場で決め、セリフ、チャンティングからダンスまで、わずかな時間で練習したものを最後はコスチュームも着けて完成させました。
皆さんが生き生きと演じておられる様子を見て、改めて「ジャズチャンツは楽しい」ことを実感できました。

5回にわたってお伝えしてきました「Jazz Chants Miracle 2014ご報告」も今回で最終となります。
毎年素晴らしい参加者の皆さんに支えていただいてセミナーを開催出来ることに感謝するとともに、受講された皆さんがこれからもジャズチャンツを活用していかれることを願っています。


J.C.U. Staff 中野佐和子

関連記事
スポンサーサイト
2014-11-17(Mon)

「Jazz Chants Miracle 2014」ご報告4

11月2日(日)大阪国際交流センターにて開催の「Jazz Chants Miracle 2014」より
今日は午後の部「とことんジャズチャンツセミナー Cコース修了生によるフィードバック」の様子を報告させていただきます。

ジャズチャンツ・サティフィケートコース(呼称Cコース)は、ジャズチャンツ英語教授法創始者・キャロリン・グレアム先生公認のジャズチャンツをより深く学んでいただくための講座です。
詳しくはこちら→をご覧ください。

午後の部はJ.C.U.講師・石丸のウォーミングアップで始まりました。
英語のリズムを感じ取るため、身体も使いながら全員でチャンティングのトレーニングをしました。

shino.jpg


続いて3名のCコース修了生の先生に、それぞれのレッスンでどのようにジャズチャンツを活用されているのかを発表していただきました。
日々ジャズチャンツを研究し、工夫しながら指導されている様子がよく分かりました。
発表の形式や教室の形態、対象年齢は違っていましたが、どのクラスも生徒さんが楽しく学習されていて、「英語が好き。レッスンが好き。先生が好き。」という気持ちが伝わってきました。

エネルギッシュな3名の先生方に、私もパワーをいただきました。

mis ido

mis naito

ms matsuda

次回は「Jazz Chants Miracle 2014」ご報告最終回です。

J.C.U. Staff 中野佐和子


関連記事
2014-11-12(Wed)

「Jazz Chants Miracle 2014」ご報告3

ms graham 2

晩秋の冷え込みを感じる頃となりました。
今日は11月2日(日)に大阪国際交流センターにで開催した
「Jazz Chants Miracle 2014 "Let's Challenge! Create Your Own Chants!"」のご報告をさせていただきます。

この日は、ジャズチャンツ英語教授法創始者のキャロリン・グレアム先生によるspecial workshopで、「チャンツを作るために知っておくこと」についても学んでいました。
そのすぐ後に、今度は受講者自身がトピック、単語、使いたい表現を考えてオリジナルのチャンツ作りに挑戦しました。
そして、限られた時間の中で完成させたチャンツを一人で、またはグループで発表しました。
どのチャンツもすぐに教室で使えそうなものばかりでしたが、グレアム先生からのアドバイスでより素晴らしく面白いものになりました。
まさにミラクルと感動の時間でした。

ジャズチャンツは日本人にとって最も効果的な英語学習法のひとつであることは良く知られています。
しかし一般に「チャンツ」と呼ばれているものとの違いは何でしょうか?
ひとつは「リズムと音」です。
そこに「意味のある英語、使える英語」を組み合わせること、これが効果的でありながら日本人にとっては難しい点だと思います。
私も皆さんと一緒に「創作チャンツ」の楽しさと難しさを体験させていただきました。

そして、午前の部のフィナーレではミュージシャンでもあるグレアム先生から美しい歌の数々を聴かせていただきました。
日本語の持つ情感を英語に乗せた素晴らしいパフォーマンスでした。

Jazz Chants Union Staff 中野佐和子


関連記事
2014-11-09(Sun)

Jazz Chants Miracle 2014 ご報告2

ms graham 1

お待たせいたしました。
11月2日(日)に大阪国際交流センターにて開催いたしました
Jazz Chants Miracle 2014 
Stimulate Your Students with "Jazz Chants"
 

のご報告第一弾です。

午前の部ではジャズチャンツ英語教授法の創始者、キャロリン・グレアム先生をお迎えして
★The Power of Rhythm in the Classroom★をテーマに、英語学習におけるリズムと音の大切さや、チャンツにおけるシラブル(音節)の数とアレンジの方法などをお話していただきました。

今回ご参加いただいた皆さまは、ご指導されている環境もジャズチャンツ学習歴もそれぞれ異なりました。
しかし生徒の年齢や能力に関わらず、すぐに導入できるのがジャズチャンツの良さです。
初めてご参加の方も「すぐに教室で使いたい」と言っておられました。
また、すでにジャズチャンツを導入しておられる方からも「聞く度に新しい発見がある」という感想をいただきました。
少しずつですが、指導者の方の中にジャズチャンツが深く浸透していくのを感じることが出来ました。

次回はジャズチャンツユニオンの初めての試み、「Create Your Own Chants! ~自分のチャンツを作ろう~」の様子を報告させていただきます。

Jazz Chants Union Staff 中野 佐和子
関連記事
2014-11-06(Thu)

Jazz Chants Miracle 2014 ご報告1

11月2日(日)大阪国際交流センターにてJazz Chants Miralce 2014 を開催しました。
ジャズチャンツ英語教授法創始者のキャロリン・グレアム先生をお迎えし、活気あふれるセミナーとなりました。
お伝えしたいことがたくさんあり過ぎて、何から始めようか思案中です。
次回より詳しいご報告をさせていただきます。

with MsGraham
関連記事
ブログ管理者プロフィール

Jazz Chants Union/ジャズチャンツ・ユニオン


英語教師のためにジャズチャンツ(教授法)を 継承するJazz Chants Unionです。
ジャズチャンツを正しく伝授・継承することを目的に生駒香寿子・大江美和子が発足致しました

Jazz Chants Certificate
コースあり。修了者は、Carolyn Graham認証
サイン入りJazz Chants指導者の認定証を取得できます。

※このブログでは、J.C.U最新ニュースをお届けします。

公式サイトhttp://infojcu.web.fc2.com

リンク
記事のテーマ
最新記事