2008-09-05(Fri)

「Voice:先生方の声」

この度、新しくカテゴリーを追加しました。

題して「Voice・先生方の声」です。

実際にCコースを修了された先生方。現在受講中の先生方の声をブログにて発信していこうという企画です。



先生方がクラスへジャズチャンツを取り入れた時の子供たちの反応、そして手ごたえを感じた感想または、先生ご自身がCコースを修了してもとことんジャズチャンツセミナーへ通う理由などなどのお話を定期的に発信していく予定です。

お楽しみに!!





☆.:*・・*:.。☆。.:*・・*:.。☆。.:*・・*:.。☆。.:*・・*☆

編集後記



先ほど化粧をしながら…ふとこんなことを思いました。

ジャズチャンツを化粧の工程に例えるなら…(ってスゴイ例えですが・・・)



・日焼け止め(忘れてはいけないベース)=ESL/EFL学生のために作られたパターン・プラクティス(繰り返し練習)がベースになっている



・ファンデーション(濃いめ(強)に塗るところと薄め(弱)に塗るところがあるから)=英語が持つ強弱のリズム



・アイブロウ(その日・その時の気分によって形が変わる)=人間の感情



・アイシャドウ(使う色・入れ方によって表情が変わる)=ジャズのビート



・アイライナー(丁寧に、テンポよくつけないとずれてしまう)=人との対話/会話



・マスカラ(つける量は本人次第)=授業に取り入れる量は講師次第



・口紅(アイシャドウの色に合わせたり・つけた後馴染み良くするためお口パクパクするから)=ジャズのビートに合わせて自分の口に馴染むまでしっかり練習



・仕上がり(さぁ!今日も一日始まります!!)=いざ教室へ出陣!!



9月7日のとことんジャズチャンツセミナーでお会いできることを楽しみにしています。

どうぞお気をつけていらしてくださいね。



J.C.U.Staff:石丸 詩乃

☆英語講師のためのトレーニング

ジャズチャンツを「知っている人」から「できる人」になるために☆≡

J.C.U.(ジャズチャンツ・ユニオン)http://www6.ocn.ne.jp/~jcu

☆.:*・・*:.。☆。.:*・・*:.。☆。.:*・・*:.。☆。.:*・・*☆






スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ブログ管理者プロフィール

Jazz Chants Union/ジャズチャンツ・ユニオン


英語教師のためにジャズチャンツ(教授法)を 継承するJazz Chants Unionです。
ジャズチャンツを正しく伝授・継承することを目的に生駒香寿子・大江美和子が発足致しました

Jazz Chants Certificate
コースあり。修了者は、Carolyn Graham認証
サイン入りJazz Chants指導者の認定証を取得できます。

※このブログでは、J.C.U最新ニュースをお届けします。

公式サイトhttp://infojcu.web.fc2.com

リンク
記事のテーマ
最新記事