2008-07-12(Sat)

第2期生トレーニング始動

J.C.U.ジャズチャンツ・サティフィケートコース第2期生のトレーニングが始まりました。



7月6日第1回目のレクチャー&実技トレーニングには修了した第1期生も引き続き参加し、1期・2期合同で開催されました。





生駒による口頭練習では、話者の心を知って発話する方法を学びます。

今回はグループに分かれ、対話式の作品を配役をきめてチャンティングし、そしてまたそれを交代させるなどしながら1つの作品を何度も聞かせる方法を探りました。





大江によるジャズチャンツ指導のツボでは指導のする際の押さえどころ(コツ)を学びます。

今回は音声面に焦点をあてて、聞けない!通じない!と悩む英語のリズムに対してのジャズチャンツの効能についてを学びました。



同じ志をもつ仲間がまたまた増えてとてもうれしいです!



他の教材との比較や細かいリズムについての論議が繰り広げられ、とても充実した1日になりました。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

編集後日記



この日のトレーニング終了時に聞いた生駒先生の言葉がすごく印象的でした。



「アメリカ口語英語を元に作られた作品1つ・1つを目にしたとき、それを単に口から出すのではなく、目から得た情報を心と脳に通すこと!

それにより初めて言葉に魂が入る=現実味を帯びた会話練習につながる




センテンスをパッ!と見て、その状況をイメージし、話者になりきって発話する練習を繰り返すことが「自分の言葉になる道」だということが分かりました。





☆.:*・・*:.。☆。.:*・・*:.。☆。.:*・・*:.。☆。.:*・・*☆

J.C.U.Staff:石丸 詩乃

☆英語講師のためのトレーニング

ジャズチャンツを「知っている人」から「できる人」になるために☆≡

J.C.U.(ジャズチャンツ・ユニオン)http://www6.ocn.ne.jp/~jcu

☆.:*・・*:.。☆。.:*・・*:.。☆。.:*・・*:.。☆。.:*・・*☆










スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ブログ管理者プロフィール

Jazz Chants Union/ジャズチャンツ・ユニオン


英語教師のためにジャズチャンツ(教授法)を 継承するJazz Chants Unionです。
ジャズチャンツを正しく伝授・継承することを目的に生駒香寿子・大江美和子が発足致しました

Jazz Chants Certificate
コースあり。修了者は、Carolyn Graham認証
サイン入りJazz Chants指導者の認定証を取得できます。

※このブログでは、J.C.U最新ニュースをお届けします。

公式サイトhttp://infojcu.web.fc2.com

リンク
記事のテーマ
最新記事