2014-11-12(Wed)

「Jazz Chants Miracle 2014」ご報告3

ms graham 2

晩秋の冷え込みを感じる頃となりました。
今日は11月2日(日)に大阪国際交流センターにで開催した
「Jazz Chants Miracle 2014 "Let's Challenge! Create Your Own Chants!"」のご報告をさせていただきます。

この日は、ジャズチャンツ英語教授法創始者のキャロリン・グレアム先生によるspecial workshopで、「チャンツを作るために知っておくこと」についても学んでいました。
そのすぐ後に、今度は受講者自身がトピック、単語、使いたい表現を考えてオリジナルのチャンツ作りに挑戦しました。
そして、限られた時間の中で完成させたチャンツを一人で、またはグループで発表しました。
どのチャンツもすぐに教室で使えそうなものばかりでしたが、グレアム先生からのアドバイスでより素晴らしく面白いものになりました。
まさにミラクルと感動の時間でした。

ジャズチャンツは日本人にとって最も効果的な英語学習法のひとつであることは良く知られています。
しかし一般に「チャンツ」と呼ばれているものとの違いは何でしょうか?
ひとつは「リズムと音」です。
そこに「意味のある英語、使える英語」を組み合わせること、これが効果的でありながら日本人にとっては難しい点だと思います。
私も皆さんと一緒に「創作チャンツ」の楽しさと難しさを体験させていただきました。

そして、午前の部のフィナーレではミュージシャンでもあるグレアム先生から美しい歌の数々を聴かせていただきました。
日本語の持つ情感を英語に乗せた素晴らしいパフォーマンスでした。

Jazz Chants Union Staff 中野佐和子


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ブログ管理者プロフィール

Jazz Chants Union/ジャズチャンツ・ユニオン


英語教師のためにジャズチャンツ(教授法)を 継承するJazz Chants Unionです。
ジャズチャンツを正しく伝授・継承することを目的に生駒香寿子・大江美和子が発足致しました

Jazz Chants Certificate
コースあり。修了者は、Carolyn Graham認証
サイン入りJazz Chants指導者の認定証を取得できます。

※このブログでは、J.C.U最新ニュースをお届けします。

公式サイトhttp://infojcu.web.fc2.com

リンク
記事のテーマ
最新記事