2015-11-20(Fri)

「Jazz Chants Miracle 2015」ご報告 1

今年は日によって寒暖の差が激しいですが、皆さまお変わりございませんか。
週明けからは気温の下がる日が多くなるそうです。
くれぐれも気をつけてお過ごしください。

今日は11月15日(日)たかつガーデン(大阪上本町)で開催いたしました
Jazz Chants Miracle 2015の午前の部「Carolyn Graham Special workshop」の様子を報告させていただきます。

ジャズチャンツ英語教授法の創始者キャロリン・グレアム先生によるワークショップは今年で8回目となりました。
グレアム先生は日本でジャズチャンツ教授法を学ぶ指導者のために、毎年この時期にアメリカ・ニューヨークより来日されます。
今回は「The Power of Rhythm in the Classroom」をテーマに、ジャズチャンツの特徴や生徒に興味を持たせるための指導法、またチャンツの作り方について分かりやすくお話していただきました。
「同じ言葉でもこのような表現を使うと面白いのよ」
「こんな時に言いたくなるのがこのフレーズよ」
「歩いている時もいつもチャンツを考えているのよ。あなたたちにも出来ますよ」
と、すぐにリズムにのせてチャンツにされるのに私たちもすぐに引き込まれ、気が付けば自然にチャンティングしていました。

miracle2015 4


続いてLet's Challenge! Create Your Own Chants!では、参加者自身がチャンツを創作し発表しました。
それぞれのテーマを決め、言葉を選んでオリジナルのチャンツを作るのですが、頭を悩ませながらもグレアム先生にアドバイスをいただいて完成させました。
どのチャンツも生き生きとした表現にあふれ、すぐに教室で使えるような素晴らしい作品となりました。
紙の上に書きならべた言葉が文章になり、話している人の感情がこもった会話になり、チャンツとして発表される様子はまさにミラクルでした。
私自身も「こうすれば説明しなくても理解できるのか!」と今さらながらグレアム先生の言葉の使い方に感動しました。

miracle 2015 1

miracle 2015 2


その後「Carolina Shout Performance」では、ジャズシンガーとしてのグレアム先生にオリジナルの曲を歌っていただきました。
曲を作られた時のエピソードなどもお聞かせいただき、グレアム先生のお人柄にも触れることができました。
グレアム先生からは「素晴らしい日本の指導者の皆さんと一緒に過ごせたことをうれしく思います。」との言葉をいただいています。

miracle 2015 3



次回は「Jazz Chants Miracle 2015 午後の部 とことんジャズチャンツセミナー」の様子をお伝えします。



J.C.U. staff 中野佐和子

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ブログ管理者プロフィール

Jazz Chants Union/ジャズチャンツ・ユニオン


英語教師のためにジャズチャンツ(教授法)を 継承するJazz Chants Unionです。
ジャズチャンツを正しく伝授・継承することを目的に生駒香寿子・大江美和子が発足致しました

Jazz Chants Certificate
コースあり。修了者は、Carolyn Graham認証
サイン入りJazz Chants指導者の認定証を取得できます。

※このブログでは、J.C.U最新ニュースをお届けします。

公式サイトhttp://infojcu.web.fc2.com

リンク
記事のテーマ
最新記事