2015-11-23(Mon)

Jazz Chants Miracle 2015 ご報告2

今年最後の3連休、いかがお過ごしですか。
これからクリスマスシーズンのレッスンに向けて準備にお忙しくされている方も多いことでしょう。
楽しい季節を迎えられるように、私もしっかり体調を整えていこうと思っています。

ジャズチャンツユニオンでは、11月15日(日) たかつガーデン(大阪上本町)にて
Jazz Chants Miracle 2015を開催しました。
今回は午後の部「とことんジャズチャンツセミナー」でのJ.C.U.チーフ・大江によるレクチャーの様子を報告させていただきます。

午前の部「Carolyn Graham Special workshop」では、ジャズチャンツ英語教授法考案者のキャロリン・グレアム先生のアドバイスをいただいて、参加者全員がオリジナルのチャンツを創作しました。
その振り返りとして、大江が「創作チャンツを作るために知っておくべきこと」、「どうすれば英語学習に効果のあるチャンツが作れるのか」を順序立ててお話しました。
また、チャンツをレッスンで活用する方法についても、具体的な例や自作のチャンツを紹介しながらお話しました。
皆さまに午前のグレアム先生のワークショップで学んだことをより深く理解していただけたと思います。

チーフ

チーフ 2


「創作チャンツ」では、教えたいものがあってトピックが決まれば、次にすることは言葉選びです。
文法的には合っていても実際には使われない表現になっていないかが、日本人にとっては問題のひとつです。
私は今回のレクチャーを受けて「そのためにはどうすれば良いのか」が少しつかめてきました。

次回はジャズチャンツのテキストから作品を取り上げて取り組んだ「エクササイズ」と「チャンティングトレーニング」の様子をお伝えします。

J.C.U. Staff 中野佐和子
2015-11-20(Fri)

「Jazz Chants Miracle 2015」ご報告 1

今年は日によって寒暖の差が激しいですが、皆さまお変わりございませんか。
週明けからは気温の下がる日が多くなるそうです。
くれぐれも気をつけてお過ごしください。

今日は11月15日(日)たかつガーデン(大阪上本町)で開催いたしました
Jazz Chants Miracle 2015の午前の部「Carolyn Graham Special workshop」の様子を報告させていただきます。

ジャズチャンツ英語教授法の創始者キャロリン・グレアム先生によるワークショップは今年で8回目となりました。
グレアム先生は日本でジャズチャンツ教授法を学ぶ指導者のために、毎年この時期にアメリカ・ニューヨークより来日されます。
今回は「The Power of Rhythm in the Classroom」をテーマに、ジャズチャンツの特徴や生徒に興味を持たせるための指導法、またチャンツの作り方について分かりやすくお話していただきました。
「同じ言葉でもこのような表現を使うと面白いのよ」
「こんな時に言いたくなるのがこのフレーズよ」
「歩いている時もいつもチャンツを考えているのよ。あなたたちにも出来ますよ」
と、すぐにリズムにのせてチャンツにされるのに私たちもすぐに引き込まれ、気が付けば自然にチャンティングしていました。

miracle2015 4


続いてLet's Challenge! Create Your Own Chants!では、参加者自身がチャンツを創作し発表しました。
それぞれのテーマを決め、言葉を選んでオリジナルのチャンツを作るのですが、頭を悩ませながらもグレアム先生にアドバイスをいただいて完成させました。
どのチャンツも生き生きとした表現にあふれ、すぐに教室で使えるような素晴らしい作品となりました。
紙の上に書きならべた言葉が文章になり、話している人の感情がこもった会話になり、チャンツとして発表される様子はまさにミラクルでした。
私自身も「こうすれば説明しなくても理解できるのか!」と今さらながらグレアム先生の言葉の使い方に感動しました。

miracle 2015 1

miracle 2015 2


その後「Carolina Shout Performance」では、ジャズシンガーとしてのグレアム先生にオリジナルの曲を歌っていただきました。
曲を作られた時のエピソードなどもお聞かせいただき、グレアム先生のお人柄にも触れることができました。
グレアム先生からは「素晴らしい日本の指導者の皆さんと一緒に過ごせたことをうれしく思います。」との言葉をいただいています。

miracle 2015 3



次回は「Jazz Chants Miracle 2015 午後の部 とことんジャズチャンツセミナー」の様子をお伝えします。



J.C.U. staff 中野佐和子

2015-11-17(Tue)

JazzChants Miracle 2015 ご報告

20151115120248 (2)

Jazz Chants Miracle 2015
ジャズチャンツ英語教授法考案者 キャロリン・グレアム先生をお迎えし、ご参加くださった皆さまとたくさんのことを学ばせていただきました。
次回より詳しくお伝えさせていただきます。

J.C.U. Staff 中野佐和子

2014-11-24(Mon)

「Jazz Chants Miracle 2014」ご報告5

mis ohe


11月2日(日)大阪国際交流センターにて開催の「Jazz Chants Miracle 2014」より
今日は午後の部とことんジャズチャンツセミナー」よりレクチャーとフィナーレの様子を報告させていただきます。

J.C.U.チーフ大江によるレクチャー「How to take advantage of Jazz Chants in your classroom」では
●ジャズチャンツの利点
●理想(セミナーでの感動)と現実(教室での実践)のギャップを埋めるための取り組み
について、質疑応答も交えながらお話しました。
教室ですぐに使えるオリジナルのアクティビティについても紹介し、ジャズチャンツの特徴や効果的な活用法を理解していただきました。

そしてフィナーレ「Jazz Chants Fairy Tales」では、講師・中野のリードで参加者全員が「Little Red Hen ~小さな赤いめんどり~」を演じました。
配役、コーラス、ナレーターをその場で決め、セリフ、チャンティングからダンスまで、わずかな時間で練習したものを最後はコスチュームも着けて完成させました。
皆さんが生き生きと演じておられる様子を見て、改めて「ジャズチャンツは楽しい」ことを実感できました。

5回にわたってお伝えしてきました「Jazz Chants Miracle 2014ご報告」も今回で最終となります。
毎年素晴らしい参加者の皆さんに支えていただいてセミナーを開催出来ることに感謝するとともに、受講された皆さんがこれからもジャズチャンツを活用していかれることを願っています。


J.C.U. Staff 中野佐和子

2014-11-17(Mon)

「Jazz Chants Miracle 2014」ご報告4

11月2日(日)大阪国際交流センターにて開催の「Jazz Chants Miracle 2014」より
今日は午後の部「とことんジャズチャンツセミナー Cコース修了生によるフィードバック」の様子を報告させていただきます。

ジャズチャンツ・サティフィケートコース(呼称Cコース)は、ジャズチャンツ英語教授法創始者・キャロリン・グレアム先生公認のジャズチャンツをより深く学んでいただくための講座です。
詳しくはこちら→をご覧ください。

午後の部はJ.C.U.講師・石丸のウォーミングアップで始まりました。
英語のリズムを感じ取るため、身体も使いながら全員でチャンティングのトレーニングをしました。

shino.jpg


続いて3名のCコース修了生の先生に、それぞれのレッスンでどのようにジャズチャンツを活用されているのかを発表していただきました。
日々ジャズチャンツを研究し、工夫しながら指導されている様子がよく分かりました。
発表の形式や教室の形態、対象年齢は違っていましたが、どのクラスも生徒さんが楽しく学習されていて、「英語が好き。レッスンが好き。先生が好き。」という気持ちが伝わってきました。

エネルギッシュな3名の先生方に、私もパワーをいただきました。

mis ido

mis naito

ms matsuda

次回は「Jazz Chants Miracle 2014」ご報告最終回です。

J.C.U. Staff 中野佐和子


ブログ管理者プロフィール

Jazz Chants Union/ジャズチャンツ・ユニオン


英語教師のためにジャズチャンツ(教授法)を 継承するJazz Chants Unionです。
ジャズチャンツを正しく伝授・継承することを目的に生駒香寿子・大江美和子が発足致しました

Jazz Chants Certificate
コースあり。修了者は、Carolyn Graham認証
サイン入りJazz Chants指導者の認定証を取得できます。

※このブログでは、J.C.U最新ニュースをお届けします。

公式サイトhttp://infojcu.web.fc2.com

リンク
記事のテーマ
最新記事